紅葉の奥多摩

11月中旬に奥多摩に紅葉を見に行ってきました。今回歩いたのは「奥多摩むかしみち」という10キロ程のトレッキングコースです。普通は奥多摩駅から奥多摩湖まで登ってゆく人が多いようですが、わたしは、最初にバスで奥多摩湖に行って、そこからむかしみちをゆっくりと、奥多摩駅まで下ってゆくことにしました。img_0061奥多摩湖です。

img_0060山なみがきれいです。

img_0067img_0066img_0069img_0071

だんだん昔道っぽくなってきます。山間の集落を抜けたりします。ちょっと生活感などがあります。img_0075img_0078img_0079img_0080

きれいな道が続いた後にどん!と、紅葉の山。美しかった。

img_0084img_0085

紅葉のトンネルをくぐり抜けていきます。

img_0087img_0090

この山間にどんな人がすんでいるのでしょう?

img_0098img_0107img_0113img_0111

右は馬の水飲み場のあとらしいです。昔は荷を運ぶ馬が何頭も崖から落ち犠牲になったそうです。

img_0120img_0122

おうちの軒下で、山菜でしょうか、干していました。

img_0125img_0130

樹齢200年ぐらいの大きな いろは楓。昔の人も見てたんでしょうね。

img_0132img_0133img_0145img_0153

img_0158img_0151

img_0163img_0145

途中、小河内ダムを造るために作った鉄道の廃線跡に出会いました。山奥にある文明の残滓に不思議な感動を覚えました。

img_0146img_0147

奥多摩駅に着いたときは、秋の早い夕暮れで暗くなってました。最後は前回同様、温泉につかり、山友とビールで一杯!天気も良く、紅葉も最盛期。本当に素敵な一日を過ごせました。

2016、11月20日