映画阿弥陀堂だよりのロケ地に行く

先日長野県飯山に友人を訪ねたさい、映画阿弥陀堂だよりのロケ地に行って来ました。樋口可南子、寺尾聡、北林谷江など主演の心あたたまる映画です。都会のいそがしいせいかつの中で鬱病になった女医さんと売れない小説家の旦那さんが実家の信州の田舎にもどり新たな生活をはじめます。ひとり阿弥陀堂を守る老女おうめさんや素朴な村の住民たちと交流してゆくうち心の健康を取り戻してゆきます。地味ですがとても印象にのこる映画でした。いまはロケ地がちょっとした観光スポットになっています。行ったときはちょうど菜の花があたりいちめん満開でした。近くには棚田が広がる美しい場所でした。わたしのともだちは東京生まれで以前は車の営業をやっていましたが早期退職して飯山に移住しました。いまは地域に溶け込んで米や野菜を作っています。そば打ちもとくいで彼の打ったおいしいそばをたらふくごちそうになりました。これもまた素敵な人生ではないでしょうか。夜はカエルの声と高原のさわやかな空気に包まれもうじきほたるの飛ぶのもみられるそうです。DSCF1705DSCF1709DSCF1712DSCF1715